出産内祝いのマナーについて

出産内祝いとは出産祝いをしてくれた方々に感謝を込めて贈るギフトを指します。いわばお礼返しです。
元々は身内の祝い事を知らせたい人に贈るものでしたが、時代とともに現在のお祝いの仕方に変化しました。その出産内祝いには守らなくてはならないマナーがあります。例えば出産祝いの品よりも高価なものを贈るのは良くありません。お祝いの気持ちに応えたい一心で選んだとしても、人によっては反感を抱いてしまうのです。他にも「お祝いを忘れた頃に贈られる事」や「本人たちの持参ではなく、友人や親戚経由で贈られる事」などが挙げられます。
このような事をしないためにもマナーを覚えなくてはなりませんが、出産内祝いのマナーはそう難しくありません。

 

まずお祝いを贈る時期ですが、おおよそ1か月が目途です。目途の理由はお宮参りを基準にしており、その前後であれば問題ないとされています。ただしお祝いを贈る前に出産祝いのギフトを受け取ったら、すぐに電話やお礼状で感謝の気持ちを伝えなくてはなりません。これは絶対です。ちなみに贈る相手が喪中である場合、四十九日が明けてしばらくしたら贈る事をおすすめします。
次に贈り物の予算ですが、先述したように高価なものを選ぶのはタブーです。

 

かといって安すぎるものも反感を買ってしまいます。そこで推奨される予算の設定は出産祝いの2分の1から3分の1ほどです。それ以下にならないようにすればまず問題ありません。
次にギフトの内容ですが、これは無難なものが喜ばれます。

 

タオルや洗剤のセットやコーヒーや紅茶などの嗜好品、クッキーといった保存が効くスイーツ、お米などです。ある意味ギフトのなかでも定番の品が出産内祝いにふさわしいギフトというわけですが、贈る相手の嗜好も考えなくてはなりません。その理由は簡単で、趣味に合わないデザインのギフトは使いたくないからです。特に置物はデザインが反映されているので出産内祝いのギフトとしてはワーストに入ります。それから賞味期限が短いものや名前が入っているギフトも好まれません。
それから熨斗とメッセージカードも必要です。

 

熨斗は内祝いである事が分かるように表書きをし、紅白の水引を選びます。メッセージカードは贈る相手の立場で文章を変える必要がありますが、出産した赤ちゃんの名前や性別など簡単な詳細と現在の心境を伝えながら贈る相手への感謝の言葉を綴る事がポイントです。余談ですが、喪中の場合は熨斗の表書きは「御礼」と書くのが礼儀です。